炊事用ゴム手袋のキュキュッとした触感の魔力に惹かれた2人の関係。
由緒ある大きな屋敷で家政婦として働く女性さゆみ46歳。今日も朝からせっせと屋敷の掃除や家事をテキパキとこなしていた。すると突然ご主人様がやってきて「ゴム手袋で自慰をしてくるから後はよろしく頼むよ」そう彼女へ告げると部屋へ引きこもって行った。この屋敷のご主人はフェチな性癖の持ち主で何とゴム手袋マニア。ご主人様が大好きなさゆみは、何とかご主人様の気を引くために、掃除中にもかかわらずコッソリ張型でゴム手袋を使った手コキの練習を始めてしまう。


さゆみ46歳、ご主人様とともに炊事用ゴム手袋にハマっています。

キュキュッと引っ掛かるようなゴムの触感が堪らないのです。

ご主人様にゴム手袋で手コキしてご奉仕致します。

 


炊事用ゴム手袋おばさん さゆみ/46歳

(アキバBV動画配信)

● 出演者:さゆみ/46歳
● メーカー:浪漫フェチ映像
● 収録時間:50分

家政婦さゆみと、屋敷のご主人様が炊事用ゴム手袋を通じて危ない事情へとハマっていく幸せな浪漫フェチ映像をお届けします。

部屋に帰った後もゴム手袋手コキの興奮が治まらないさゆみ46歳。あの鮮やかな衝撃を再び体験すべく炊事用ゴム手袋を嵌めたままコッソリ自慰行為を始める。炊事用ゴム手袋の斬新すぎる触感と、鼻を付くゴムの匂いに未だかつてない自画自賛の快楽を覚えるのだった。周りも見えずに我を忘れて無我夢中でオナニーに没頭、胸や股間を炊事用ゴム手袋でまさぐり喘ぎ乱れてしまう。そんなあられもないオナニー姿を、炊事用ゴム手袋マニアのご主人様に見つかってしまい顔を赤く染めるさゆみ。そのまま2人は意気投合して炊事用ゴム手袋の深みハマってゆくのである。この後2人の関係が刎頸の交わりとなったことは言うまでもない。