人々の感動を呼ぶ家庭ドラマ、男たちの躾はお尻ペンペンが効果的らしい…
日常生活で誰もが経験するであろう人間関係の難しさ。それが姿かたちも違う男女間で争われるとしたら感情が高ぶって理性も吹っ飛んでしまう。もし女性が我慢のならぬ膨大な不満を、スパンキングという行為で思いのたけを男にぶつけたらどうなるのか。なぜ昭和の日本にはお尻ペンペンとという野蛮な行為が存在したのか。その歴史を振り返り検証すべく、ここでその実例を2つ紹介しよう。


夜遊びを繰り返すダメ夫にはお尻ペンペンしてお仕置きが必要ね。

引きこもりの息子を更生させるには、やはりお尻ペンペンしてお仕置きが必要ね。

お尻を叩かれた男は泣いて反省するしかない。

 


お仕置きはお尻ペンペン 第四章

(アキバBV動画配信)

● 出演者:記載なし
● メーカー:浪漫フェチ映像
● 収録時間:40分

case:1…仕事が終わってもまっすぐ家に帰らず、無駄使いして夜遊びに呆けるダメ夫に嫁の怒りのスパンキングが炸裂する。帰宅した夫を捕まえてハンガーやブラシ、そして平手打ちでダメ夫のお尻をペンペン激しく叩く。室内には彼女の怒声と男の悲鳴が飛び交う修羅場である。最後は泣きながら反省したダメ夫のお尻を濡れタオルで優しく介抱する。そして抱きしめる麗しき夫婦愛に心打たれ全米も涙するであろう。

case:2…家に引きこもって働きもせずダラダラとテレビを見ている義理の息子。この子の将来を心配した義母は、躾として愛情あふれるお尻ペンペンで更生させることを決意する。部屋に押し入り義理の息子が読んでいたエロ本を取り上げ、スリッパや平手打ちでを容赦なくお尻ペンペン叩きまくる。子供の躾は今も昔もスパンキングが定番なのだ。顔をクシャクシャにして泣く義理息子は、改心した様子でごめんなさいを繰り返す。最後はタオルで優しく介抱、手淫までしてあげる優しき親子愛に深い感動を覚えるであろう。