ゴム手袋の触感が刺激的!男女共通の新たなるオナニーの形態がここに在る。
地元でも有名な資産家の屋敷でお手伝いヘルパーさんとして働く、ゆいか44歳。まずは台所回りを炊事用ゴム手袋を嵌めてお清掃をするのが第一の仕事である。ある日の昼下がり、すべての清掃作業を終えたゆいかは、炊事用ゴム手袋を片付け忘れていた事に気付き取りに戻った。しかし、そこには炊事用ゴム手袋を顔に押し当てムラムラ欲情するご主人様の姿があったのである。いけないものを見てしまった。思わず視線をそむける33歳のゆいかさん。しかし…。


家政婦ゆいか33歳、かなりの美人さんである。

炊事用ゴム手袋の魅力に取り付かれてしまった2人が絡み合う。

キュキュッとしたゴムの感覚がマニアに好評らしい手コキ責め。

 


炊事用ゴム手袋のおばさん ゆいか33歳

(アキバBV動画配信)

● 出演者:ゆいか/33歳
● メーカー:浪漫フェチ映像
● 収録時間:52分

見てはいけないものを見てしまった…その想像を絶する異様な光景に思わず思わず息をのみ、静かに自室へと引き返す家政婦ゆいか。自室へ戻って心を落ち着けようと平静を装うものの、先ほどの後継が脳裏に焼きついてしまった。

普段使っている炊事用ゴム手袋がそんなに?ふと気付くと炊事用ゴム手袋を嵌めていたのである。改めて臭いを嗅ぎ、舌で舐めたり感触を確かめる。同時にさきほどのご主人様の痴態を思い浮かべると、熱い衝動に駆られ自らの興奮が高まってゆく。炊事用ゴム手袋で自分の身体をまさぐってみたその時、電撃のような今まで経験の無い快感が全身を痛烈に駆け抜けていったのである。そんなゆいかの変態的自慰行為をご主人様が目撃し、事は急展開していく…。