小峰みこの首絞め
苦しみの先にある究極の快楽、それが首絞めだ!
男の上に跨り体重をかけながら男の首を絞める髪の長い女。顔をこわばらせて男は呻いた「苦しい、苦しい…」女は薄っすらと笑みを浮かべ穏やかに言った。「絞めると、筋肉が固くなって面白かったです」そう言うと彼女は彼を後にし、そそくさと次の依頼先へと向かった。貴方には自殺願望ってあります?世の中からすーっと居なくなる感じ…。誰にも気づかれずに私は儚く死にたい、そう呟きながら沈みゆく太陽と茜色の空を静かに見上げた。

誰かと思ったが、白い水着のプロレスラー小峰みこ。

絶えず脳を酸欠快感状態にして徹底責めにより通常より高いレベルの絶頂を与える。

一般の方は危険ですので絶対真似しないで下さい。

 


ねぇ、くびしめにきたよ2

(アキバBV動画配信ページ)

●出演者:小峰みこ
●身長:164cm B85 W58 H88
●メーカー:COLD TURKEY
●収録時間:42分

彼女の仕事内容とは、首絞めというフェチな妄想願望を持つお客様の元へ赴き、彼が希望する手袋を装着してその客自身の首を絞めるという奇妙なお仕事。意識が遠のく感覚が誰も知らない禁断の世界へとM男を誘う。男の顔はみるみる紫色に変色してゆき、意識が遠のくかなり危険な作品です。

もちろん危険があってはいけないので、仕事として、人として細心の注意を払いつつもお客様が満足してもらうためにキワどく力を込める。喉を潰すと何度も嗚咽し涙がこぼれ落ちる。男は綺麗な美女に首を絞められるという興奮と意識を失う寸前の朦朧とした快感を感じ始めるM男気質があるのだろう。そんなニッチな市場の需要と供給の中でこの仕事に従事する一人の女性に密着してみた。